ぶろぐ

下駄

浴衣に足袋を履くときのポイント

先日、テレビを観ていたら素足のことが話題になっていました。

文化財建造物に足のあとがついて、掃除しても足跡が残ってしまうということ。

夏になると素足にサンダルなどなので、そのまま素足で入館する方の皮脂だったり、泥の汚れが原因で汚れが落ちないそうです。

一般のお家ですとワックス掛けをしてあれば、ある程度汚れは落ちるらしいのですが、文化財建造物ともなるとワックスも掛けられないとのこと。
そうですよね、文化財建造物にワックスを掛けられないですものね。

サンダルではありませんが…

浴衣に素足に下駄、涼しげですよね。
私も大好きな夏の装いです。

いざ、下駄を脱いで建物に入るとき、素足で困ったときありませんか?

そんなときのために足袋を持ち歩いていると安心かと思います。

持ち歩かず、始めから足袋を履いて出かけるのも良いでしょう。

麻の足袋やレースの足袋で夏らしさを感じることもできますよね。

私も愛用しております。

レースの方はソックスタイプで正式には足袋とは言えないのですが、カジュアルな浴衣に合わせるのは問題ないです。

先日、浴衣でランチに行くときも、レース足袋を履いて行きました。

畳の個室でしたので、下駄を脱いだときも安心して上がらせていただきました。

足袋を履いて浴衣を着るときのポイントがあります。

浴衣を涼しげに着るときは、少し短めに、くるぶし位の丈で着ますよね。
素足に下駄のときはもちろんオッケーです。

でも足袋を履くときは、長めに裾を合わせましょう。

くるぶし丈NG丈

浴衣の裾と足袋の上の肌が見えては残念なので
裾の長さは、足の甲に触る長さになるようにすると良いですね。

レース足袋丈

ポイントは「足の甲に触る」です。
甲の上に裾がたるんでては裾が長すぎなので注意してくださいね。

この長さは着物を着るときの裾の長さと同じですよ。

浴衣も着物もですが、歩いてる時って、
自分で思っている以上に裾が上がってるんですよ。

足袋を履くときは、オトナの着こなしとして、裾の長さを気にしつつ着付けるとステキに見えると思います。

なるこの

関連記事

  1. 浴衣レンタル
  2. 浴衣着付け20230620
  3. 浴衣着付け20230808
  4. 浴衣着付け20230812

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


LINEからも受付中

LINEからのお問い合わせ・お申し込みも受付いたします。
お気軽にご連絡くださいませ。

イベント用QRコード
LINEのURL ▶ https://lin.ee/gkb3jnm0

キャンセルポリシーと同意事項

お申し込みの際には必ずこちらをご確認ください。

PAGE TOP