ぶろぐ

父と病院

父を市民検診へ

今日の福島市は雨が降ったりやんだり、ムシムシしてました。
福島県福島市のきもの着付け教室と和あろま庵なるこの 鳴川雅子でございます。

今日は、父の年に一度の市民検診日なので、かかりつけ医でもある病院へ行ってきました。

検診に行く前に家で用意していく大腸検査と痰の検査を数日前から準備していくのですが
これが毎年いろいろな問題が勃発します。
大腸検査は「自分でできる」と言うのでできることはしてもらおうと
去年は2本とも渡しましたがなくなってしまうという事態に滝汗

こんなせまい部屋でなくなるの !?

今年はそれを踏まえて、1本ずつ渡し、出来たら回収するという学習をしました。
なので今年はスムーズだなと父に感心しました。

痰の検査も3日連続で採取しなくてはならないのですが
毎日うるさいくらい痰出てるのに「痰なんて出ない」なんで言い放うしまつゲロー
でもあっさりと痰出てくれました。

こんな準備をして、いざ検診です。

初めに身長・体重。
真っ直ぐには立てないので「身長は去年と同じで」と少しズルをし、
体重は、クルマ椅子移動ですが立てないことはないので
私は「できます!」と父に立ってもらおうとしましたがなぜかグラつき、

なんで!? いつもできるのにポーン

でもグラつきながらもクリアしました。

尿検査、視力検査、血液検査、内診、心電図、胸のレントゲンはもたつきながらもクリア。

次は、エコー検査です。
これが、思いもしない難関でした。
今まで父は受けていなかったので受けてみようかと思ったのですが…
私自身も以前人間ドックで受けたことがあるんですけど忘れちゃったのかなぁ…
「大きく息吸って、止めて」と言われ、止めてる時間が意外と長いゲッソリ
父に出来るかなと心配していたら、案の定、

父は「そんな器用なことできませんビックリマーク

と言いきっていました。

それから私も含め看護師さんも「もう少し頑張ってみて」と励ましつつ
先生から「できる範囲でやりましたから」とおっしゃっていただきました。

そして、胃カメラ。
私も苦手な胃カメラなので、父のうめき声も聞こえつつクリアしました。

皆様のお陰で今年も無事検診を終了できましたラブ
父も片麻痺ながら検診を頑張って受診してくれて感謝です合格

毎年、父の検診のあとは、グッタリです。
父は朝から何も食べず、13時にやっとご飯。
ご苦労様でした。

なるこの

関連記事

  1. 長襦袢
  2. 新幹線ホーム
  3. なるこの和室画像
  4. 着物に帽子
  5. 浴衣姿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


LINEからも受付中

LINEからのお問い合わせ・お申し込みも受付いたします。
お気軽にご連絡くださいませ。

イベント用QRコード
LINEのURL ▶ https://lin.ee/gkb3jnm0

キャンセルポリシーと同意事項

お申し込みの際には必ずこちらをご確認ください。

PAGE TOP